トップページ > 研究報告・業務報告

  − 研究報告 −     

 「研究報告」は、水産試験場時代の1964年に発行を開始しました。当初は「試験報告」という名称でしたが、翌年からは「研究報告」に改称して刊行し、これまで取り組んだ調査や実験の結果についての報告を掲載しています。号数をクリックすると、著者・題名・頁数が表示されます。

 なお、なお、1964年の発行当初は、号数を付与していませんでしたが、1970年以降は、1964年より前に発行されていた事業報告等および昭和42年度分までの試験報告や研究報告の発行回数(通算14回)を引き継いで、15号からの発行としています。


岐阜県水産研究所研究報告


66−67号 (202122年発行)

60−65号 (2015−20年発行)


岐阜県河川環境研究所研究報告


56−59号 (2011−14年発行)

51−55号 (200610年発行)


岐阜県淡水魚研究所研究報告


46−50号 (2001−05年発行)


岐阜県水産試験場研究報告


41−45号 (1996−2000年発行)

36−40号 (1991−95発行

31−35号 (1986−90年発行)

26−30号 (1981−85年発行)

21−25号 (1975−80年発行)

15−20号 (1970−75年発行)

昭和38−42年度 (1965−69年発行)


岐阜県水産試験場試験報告


昭和35.36.37年度 (1964年発行


注意 :-
上記に掲載されている方法・器材・薬品などは、当時の社会情勢に沿ったものであり、その後の法令の改正などのために 現在は同様の内容が実施できるとは限りません。



  − 業務報告 −     

 「業務報告」は、水産試験場時代の1970年に発行を開始しました。当研究所の組織・予算・試験研究などの概要を掲載しています。ここでは「業務報告」の前身である1952年発行の「業務成績報告」、1952-60年発行の「事業報告」、1960年発行の「冷水魚養殖試験場報告」などを併せて掲載します。

 なお、1961-1969年については、上記の「研究報告」のみの発行だったため、「業務報告」に該当するものは発行されていません。


 現在、「業務報告」は、発行した年度の内容ではなく、その前年度の内容の掲載を通例としています。そのため、下記の「業務報告」などの年度は、発行年度と必ずしも一致しないことにご注意ください。



岐阜県水産研究所業務報告


令和元2年度 (202122年発行)

平成26−30年度
 
(201620年発行)


岐阜県河川環境研究所業務報告


平成17−25年度 (2007−15年発行)


岐阜県淡水魚研究所業務報告


平成12−16年度 (2002−06年発行)


岐阜県水産試験場業務報告


平成元−11年度 (1991−2001年発行)

昭和53−63年度 (1980−90年発行)

昭和43−52年度 (1970−79年発行


鮎種苗生産に関する研究


昭和34・35年度 (1959・60年発行)


岐阜県冷水魚養殖試験場報告


昭和33・34年度 (1960年発行)


岐阜県水産試験場事業報告
岐阜縣水産試驗場事業報告


昭和27−33年度 (1953−60年発行)


岐阜縣水産試験場概要


昭和27年度 (1952年発行)


岐阜縣水産試験場概況


昭和27年 (1952年発行)


岐阜水産増殖試験場業務成績報告


昭和26年度 (1952年発行)


岐阜水産増殖試験場概況


昭和24年 (1949年発行)


注意 :-
上記に掲載されている方法・器材・薬品などは、当時の社会情勢に沿ったものであり、その後の法令の改正などのために 現在は同様の内容が実施できるとは限りません。


トップページへ戻る