トップページ > 研究報告・業務報告 > 

  − 岐阜県水産研究所研究報告 60‐65号     



65号  (2020年)


   著  者


   表  題


ページ


  岸 大弼・佐々木 茂・
  徳田幸憲・コ原哲也



渓流魚人工産卵河川における産卵場整備後の土砂の
堆積状況

1-10

  中居 裕・辻 寛人


アユのEdwardsiella ictaluri感染症における、発病後および
保菌魚の臓器別原因菌分布状況

11-16

  辻 寛人・タンマウォン
  マナスィカン・中野浩平


養殖アユと漁獲アユにおける鮮度の差異

17-24

  下村雄志・田原大輔・
  藤井亮吏・岸 大弼


小型円形水槽におけるアユカケ0歳魚の成長および成熟特性

25-29




64号  (2019年)


   著  者


   表  題


ページ


  岸 大弼・藤井亮吏・
  大原健一・辻 寛人・
  コ原哲也



飛騨地方におけるカジカ大卵型の分布および生息密度

1-8

  大原健一・田中綾子・
  苅谷哲治・松田宏典


冷水病に強いアユ養殖種苗の開発

9-12

  中居 裕・原 徹


マス類の卵膜軟化症症状再現方法の検討

13-23




63号  (2018年)


   著  者


   表  題


ページ


  岸 大弼・コ原哲也


飛騨地方の渓流におけるイワナおよびヤマメ・アマゴの
産卵床の物理環境

1-6

  藤井亮吏・下村雄志・
  田原大輔・棗田孝晴・
  岸 大弼


飼育環境におけるカジカ大卵型・中卵型・小卵型の卵および
仔稚魚の生残状況

7-16

  米倉竜次


岐阜県の農業排水路における優占魚種地理的分布

17-23

  小松史弥・松田宏典・
  後藤功一・各務博人


飼育環境下におけるイタセンパラの卵・仔魚がイシガイの
生存に与える影響

25-30




62号  (2017年)


   著  者


   表  題


ページ


岸 大弼・コ原哲也


ヤマメ稚魚放流個体および発眼卵放流個体の残存状況と
費用対効果の比較

1-7

岸 大弼・上田利章・
徳田幸憲・コ原哲也


渓流魚人工産卵河川における産卵場整備での砂利の使用量

9-13

コ原哲也・辻 寛人・
大原健一・岸 大弼


河川におけるアマゴ養殖雌親魚と先住の雄親魚による
自発産卵およびその卵の発眼率

15-17

米倉竜次・後藤功一・
太田雅賀


排水路における落差工の有無が魚類群集の種多様性に
与える影響: 希薄化曲線を用いた種多様性の推定

19-25

藤井亮吏


ナマズ精子の希釈液による運動性の比較

27-33

原 徹・中野浩平


活魚輸送密度、締め方および保存方法が三倍体ニジマスの
鮮度に与える影響

35-39




61号  (2016年)


   著  者

 
   表  題


ページ


  岸 大弼 ・辻 寛人 ・
  藤井亮吏 ・大原健一 ・
  
コ原哲也


飛騨地方の渓流におけるイワナおよびヤマメ・アマゴの
産卵地点の標高・河床勾配・水面幅

1-9

  後藤功一・武藤義範 ・
  タンマウォン マナスィカン・
  中野浩平


致死条件の違いがアユの鮮度関連指標に及ぼす影響

11-15

  中居 裕 ・原 徹


淡水中におけるアユ由来冷水病原因菌の生存性

17-20




60号  (2015年)


   著  者


   表  題


ページ


大原健一 ・武藤義範


アユの冷水病原因菌であるFlavobacterium psychrophilum
Gyr-A領域のDNA塩基配列

1-5

岸 大弼 ・藤井亮吏 ・
辻 寛人


継代飼育アマゴから得られた雌雄同体個体

6-9




研究報告・業務報告のトップに戻る