トップページ > 研究課題 >

  養殖衛生管理態勢整備推進事業 



   地域密着型研究 ・ 県単


担当部署

  下呂支所

実施期間

  令和 元〜 5 年度


 
概 要


 マス類では、県内養殖業者からの要望に応えるため、これまでの育種等により確立された系統の種卵の安定供給を目指します。また、大型マス類の選択肢を広げるために、非バイテク系の育種によるニジマス晩熟系の固定や、ウイルス病であるIHNに強い全雌三倍体イワナを安定生産するために、効率良く性転換雄を作出するための方法の開発を目指します。

 マス類以外の新魚種のうち、カジカ中卵型やアユカケ等については安定生産手法の開発を目指します。




ニジマスの採卵作業




ニジマスの卵の受精作業




アユカケ




アユカケの飼育水槽





研究課題のトップに戻る