トップページ > 研究課題 >

  水田魚道を用いたフナ等の増殖方法の確立 



   地域密着型研究 ・ 県単


担当部署

  生態環境部

実施期間

  令和元〜3 年度


 
概 要


 内水面の漁業協同組合には、漁業法に基づき漁業権を免許された魚種ごとに増殖義務が課せられており、その方法はおもに種苗放流 (稚魚、成魚の放流) となっています。種苗放流による増殖には、漁協の放流経費増による経営圧迫が懸念されており、将来予測される漁業協同組合のさらなる高齢化、組合員の減少、財政難等を鑑みれば、従来の種苗放流に代わる、より安価で安心な増殖行為の開発が必要とされています。また、種苗放流の問題点として、放流種苗由来の魚病の発生や種苗放流による遺伝的攪乱等の問題も顕在化しています。

 こうした背景から、水田を繁殖・成長の場とするフナやタモロコ等を対象に水田魚道を活用した新たな増殖方法の有効性を評価します。




水田魚道




水田魚道を遡上したフナ類の親魚




キンランに産み付けられたタモロコ卵





研究課題のトップに戻る