トップページ > 研究課題 >

  先端技術を利用した河川アユ漁獲量増大技術の開発 



   農畜水産業イノベーションプロジェクト ・ 県単


担当部署

  資源増殖部

実施期間

  令和元〜 5 年度


 
概 要


 アユは岐阜県の内水面漁業における最重要魚種であり、資源増殖のために再生産に寄与する稚魚放流やふ化放流が実施されていますが、その種苗を生産するための親魚の確保やふ化放流の作業員の負担が大きく、継続的な実施が懸念さます。また、アユ漁業に大きな影響を及ぼしている冷水病の対策は、河川における冷水病対策は種苗放流前の対策に限られる等の制約から、有効な対策が難しく、アユ漁業の不漁につながっています。

 これらを解決するため、冷水病被害の軽減や漁獲に寄与しやすい放流種苗の利用及び遡上アユ資源の増大の観点から、ゲノム解析による冷水病耐性遺伝子の検出手法の開発、早期遡上アユを親魚とする種苗の放流特性評価、人工ふ化放流の省力化の課題に取り組みます。




労力のかかる人工ふ化放流作業




アユの個体識別





研究課題のトップに戻る