トップページ > 研究課題 >

  チョウザメの種苗生産技術に関する研究 



   地域密着型研究 ・ 県単


担当部署

  下呂支所

実施期間

  平成 30〜令和 4 年度


 
概 要


 チョウザメの卵の塩漬け 「キャビア」 は世界三大珍味のひとつで、高価で取引されています。また、チョウザメの肉は、白身で鯛やヒラメのような上品な味わいを持ち、鮮度が低下しにくいことから扱いやすく、寿司ネタの高級食材とされています。

 県内では 2 業者が養殖していますが、人工採卵や仔魚期の管理が飼育環境に左右されて困難なため、県外で生産された種苗を購入しており、自県産種苗の供給や種苗生産技術の確立が望まれています。また、チョウザメは成熟しても外観に雌雄の特徴が現れないため、開腹して雌雄判別を行っており、開腹に依らない雌雄判別方法の開発が望まれています。

 本課題では、県内の飼育環境に適したチョウザメの人工採卵技術および仔魚期の飼育方法の確立を目指します。また、簡便な雌雄判別法の開発にも取り組んでいきます。







キャビア




刺身





研究課題のトップに戻る