トップページ > 研究課題 >

  渓流魚資源持続的利用技術開発 



   重点研究 ・ 県単


担当部署

  下呂支所

実施期間

  令和元〜 3 年度


 
概 要


 渓流魚 (アマゴ・ヤマメ・イワナ) は、これまで主に養殖個体の放流により漁獲の維持が図られてきましたが、近年、その費用対効果は低いことが指摘されています。その一方で、自然繁殖個体が漁獲に寄与していることから、それらの持続的な利用が重視されるようになっています。

 近年、自然繁殖個体を志向する遊漁者の要望を受けて、「キャッチアンドリリース区」 を導入する漁協が増加しています。キャッチアンドリリース区 は、禁漁区の一形態であり、釣った魚を逃がすという条件で釣り行為を特例として容認する漁場のことです。これは、集客力を維持しつつ、資源の減少を回避できる手法として期待されています。本課題では、入漁区をキャッチアンドリリース区に変更した場合の効果 (自然繁殖個体がどれくらい増えるのか) の検証に取り組みます。










アマゴ




イワナ





研究課題のトップに戻る