トップページ > 研究課題 >

  ドローンによるカワウの追払対策及び調査技術研究 



   地域密着型研究 ・ 県単


担当部署

  生態環境部

実施期間

  令和 2〜4 年度


 
概 要


 県内の漁業協同組合では、カワウによるアユ等への食害を防ぐため、カワウのねぐらや飛来地での追い払いや河川への着水抑制が行われています。しかし、作業労力や効果の持続性が課題となっており、省力化を図る必要に迫られています。また、ねぐらや飛来地は、視界が開けていない場所 (河畔林等) に多くあり、生息羽数の把握が困難になっています。

 このため、効率的にカワウの追い払いを行うため、ドローンを活用した効率的なカワウの追い払い技術や生息羽数の調査技術を開発します。




カワウ




ドローン





研究課題のトップに戻る