トップページ > 研究課題 >

  河川-農地における生態系ネットワーク解析技術の開発と事業効果の検証 − 



   農村振興課および農地整備課 令達事業 ・ 県単


担当部署

  生態環境部

実施期間

  平成 29〜令和 3 年度


 
概 要


 人間が築き上げた水田・農業排水路と自然が作り出した河川は互いにつながり、広域的な水域環境を形成しています。様々な種により構成される魚類群集が保全されるためには、こうした水域環境の連続性が保たれていることが重要です。

 現在、岐阜県では、河川、農業排水路、水田を往来する淡水魚類の移動経路を確保したり生息環境を改善したりするための取り組みをおこなっています。例えば、移動経路を分断する落差を解消したり、魚類が水田内で繁殖できるよう水田魚道を設置したりするといった対策を、県土整備部河川課、農政部農村振興課、農政部農地整備課などの部局間連携により実施しています。

 この研究課題では、上記の対策を効果的に実施するため、事業効果が見込めそうな候補地の選定や事業効果を確認するためのモニタリングなどについて研究を実施しています。







農業排水路と河川との分断化が及ぼす魚類群集の種多様性の低下
(影響が大きい農業排水路の選定評価)





水田魚道の長期モニタリング
(自動計数装置を用いた長期モニタリングの例)





水田魚道を通過した魚類の個体数





研究課題のトップに戻る