トップページ > 研究課題 >

  環境収容力推定手法開発事業 (アユ) 



   地域密着型研究 ・ 受託


担当部署

  資源増殖部

実施期間

  平成 30〜令和 4 年度


 
概 要


 本課題では、天然アユの遡上のない河川において、環境収容力と解禁日までの成長率から、「どの程度の放流量」 を 「いつ放流する」 ことによって漁協経営が黒字化できるのかを検討します。また、岐阜県には、友釣り以外にも、背張り網、やな、夜網、鵜飼など伝統的な漁法があり、それらにより漁獲される天然アユの割合から、今後の持続的な資源活用のための最善策を検討します。

















研究課題のトップに戻る